訪問診療

  • 訪問診療と往診の違い
  • 当院の訪問診療
  • このような患者様にお勧めです
  • 自宅で受けられる医療サービス

訪問診療と往診の違い

訪問診療とは

訪問診療とは、なかなか病院まで足を運ぶことができない患者様のために、医師や看護師がご自宅や施設まで診察をしに伺うシステムです。医師がご自宅を定期的に訪問し、診察、治療、薬の処方、療養上の相談、指導等をさせていただきます。
病気や障害があっても、住み慣れた家で過ごしたいという方が、ご自宅にいながら医療を受けることができます。

往診とは

突発的な病状の変化に対して緊急的に家に伺って診療を行います。これに対して、訪問診療は加齢に伴う様々な障害や脳卒中、悪性腫瘍、神経難病などで通院が困難な方に対して、診察のために定期的に訪問を行う点が大きく異なります。

※訪問診療の契約をしている患者様に関しては、突発的な緊急往診に対応いたします。
※それ以外の患者様に対して、「往診のみ」の対応はしておりませんのでご了承ください。

当院の訪問診療

訪問診療への考え方

当院では、最終的なゴールを見据えた日々の診療を行いたいと思っております。一言で言うと、「最期をどうしたいか」ということです。ゴールに目を背けた状態では、最適な訪問診療はできないと考えています。
そのため、どこで最期を迎えたいのか(家なのか、施設なのか、病院なのか)、延命処置のご希望はどこまであるのかなどを、まず本人やご家族とお話し合いをしてから訪問診療を開始します。

ご本人やご家族の意向はもちろん勘案しますが、私たちの考えるベストな最期の場所はご自宅であると考えます。
そして本人の人格を無視したただ寿命をつなげるだけの延命治療は全くの無駄であるどころか、かえって苦痛を与え悲惨な最期の姿になってしまうことも多々あります。そのあたりをよく話し合い、よい医療を提供できればと思います。

定期の訪問以外でもなにかお困りのこと、緊急的な事態が生じた場合はご連絡ください。必要に応じて医師や看護師が往診したり、適切な医療機関を紹介したりさせていただきます。

訪問頻度について

基本的に医師の診療は月に2回、看護師の訪問は患者様の状態に応じて回数を決定します。
クリニックから車で20分以内で行ける範囲内の患者様を対象としていますが、それ以外の方も一度ご相談ください。

このような患者様にお勧めです

このような患者様にお勧めです

・病院やクリニックへの通院が困難な方
・自宅での療養を希望される方
・在宅末期療養を希望される方
・家で寝たきりのお年寄りの方
・退院後の自宅での医療ケアが必要な方

自宅で受けられる医療サービス

定期的な訪問による診察と薬の処方 予防接種
点滴や注射 酸素療法
血液検査、尿検査、心電図、超音波検査 経管栄養
療養上の相談 在宅ターミナルケア(癌末期含む)
床ずれの管理 留置カテーテル管理
  • 診療案内
  • 院長ご挨拶